Event is FINISHED

戸田ツトムのブックデザイン展 オンライントークイベント 第2回 鼎談 松岡正剛 × 臼田捷治 × 松田行正「工作舎からの出発」

Description
2020年7月にご逝去されたデザイナー、戸田ツトムさん。そのブックデザインの魅力を展示とオンライントークイベントによって紹介し、ご活動を振り返るイベントを開催します。

展示会期中、戸田さんと仕事をされてきたゲストをお招きし、全3回のオンライントークイベントを実施いたします。ゲストとのトークにより、1980年代から約40年にわたる戸田さんのお仕事を振り返る試みです。

第2回は、戸田さんと工作舎に縁のある方々をお招きし、戸田さんと工作舎についてのエピソードを語っていただきます。戸田さんと書籍を作ってきた編集者、松岡正剛さん、『工作舎物語』『〈美しい本〉の文化誌』で戸田さんについて書かれた著者の臼田捷治さん、80年代に戸田さんと机を並べてデザインの仕事をしていたデザイナーの松田行正さん、御三方の鼎談となります。本トークは3回のシリーズになります。各回の詳細はこちらをご覧ください。https://book-design.jp/events/


日時:2020年12月1日(火)19:00−20:30(申し込みは当日18:00まで)
    Zoomによる有料オンライン配信。期間限定の見逃し配信を予定。

出演:松岡正剛、臼田捷治、松田行正

出演者プロフィール:
松岡正剛(まつおか・せいごう):京都府出身。雑誌『遊』編集長、東京大学客員教授、 帝塚山学院大学教授を経て、現在、編集工学研究所所長・ イシス編集学校校長。『知の編集工学』、『擬』、『 日本文化の核心』、「千夜千冊エディション」 シリーズなど著書多数。

臼田捷治(うすだ・しょうじ) 『デザイン』誌(美術出版社)編集長などを経て1999年からフリー。グラフィックデザインと現代装幀史、文字文化分野の編集協力および執筆活動に従事。最新刊は『〈美しい本〉の文化誌 装幀百十年の系譜』(Book&Design)。日本タイポグラフィ協会顕彰 第十九回佐藤敬之輔賞を受賞。

松田行正(まつだ・ゆきまさ) 書籍を中心とするグラフィック・デザイナー。「オブジェとしての本」を掲げるミニ出版社、牛若丸主宰。「デザインの歴史探偵」としての著述にも励む。最新刊は、『にほん的』(河出書房新社)、『デザイン偉人伝』(左右社)。


備考:オンライン配信は、Zoomを使って行います。Zoomのご準備をお願いいたします。
   Zoomの使い方の説明やお客様側の回線状況の不具合などは運営側では対応できません。
   終了後、当日ご覧になれなかった方のために期間限定の見逃し配信を予定しています。

展示、全3回のトークイベント詳細は、こちらをご覧ください。
https://book-design.jp/events/


お問い合わせ:Book&Design(https://book-design.jp/ info@book-design.jp


Tue Dec 1, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥1,500
Organizer
Book&Design
97 Followers

[PR] Recommended information